カンタン♪ステップバイステップ、ステーキング方法総合ガイド-(バグ対応法・プールの選び方・再委託法・唯一信頼可能なリンク・再委託推奨プール)Daedalus/Yoroi

まず、細かな手順の前に前提として、操作すると、「委託額や残高が0ADAのはずではないのに0ADAと出る」「委託したはずなのにされてない」「残高ウォレットに戻っている」「同期しない」「ボタンが反応しない」その他諸々…のバグに遭遇しますが、多くの場合は「表示のバグ」であって本当に0ADAだったり諸々するわけではないのですぐにパニックになる必要はありません!落ち着いて以下対応します。

■Daedalus不具合の対処法

①バージョンアップされていない可能性がある場合はこちらからアンインストールせず、上書きするようなイメージでインストールし、PC再起動の上、立ち上げます。

②「初期化の~」というエラーが出てきたらPCを再起動します。

③「既にウォレットが存在しています」と言うエラーが出てきたら、リカバリーフレーズを控えている点を再確認した上で、以下を行います。

1ダイダロステストネットが立ち上がってから、画面上部にあるヘルプの中から、「ダイダロス診断」というのをクリックします!
2画面が開くので、Daedalusステータスディレクトリーというところにある、「開く」をクリックします!
3フォルダが開くので、その中の「wallets」というファイルを削除します!
4再度ダイダロステストネットを立ち上げて、復元すると成功します!

④Macで開くことができませんと表示される場合、「システム環境設定」→「セキュリティとプライバシー」→「一般」のところで、許可しますか?と言う表示が出てくるのでこれを押すと進めます。

⑤「15単語」のウォレットをまだダイダロスで作っていない場合は、以下でご紹介する「Yoroiでダイダロス12単語のウォレットを復元送金する方法」を行います。

⑥「15単語」のウォレットをダイダロスで既に作っている場合、Yoroiにてその「15単語」のウォレットを、Yoroiの通常の「ウォレットを復元」のボタンを押して、復元します。(以下画像の部分)

※もし、ダイダロスを閉じるたびにウォレットが削除されてしまい、開くたびに復元フレーズを入力しなければならなくなる場合は、バグですので、直るまで上記⑥の方法でYoroiを併用することをオススメします!

■Yoroi不具合の対処法

①バージョンアップされていない可能性があり、その場合は、
Yoroimobile版(スマホ版)の場合、Appleストア、Googleplayから、アップデートボタンを押しアップデートします。
YoroiPC版(ウェブ版、Chrome版)の場合、以下を行います。
1.アドレスバーに「chrome://extensions」と入力。もしくは、メニューから「拡張機能」を開きます。
2.右上の「デベロッパー モード」ボタンをクリックすると「アップデート」ボタンが表示されるので、それをクリックします。拡張機能に更新がある場合、これで手動アップデートを行うことができます。
②一回ウォレット削除して再復元する。(リカバリーフレーズは確実に控えていることが前提です)

です!それでは上記念頭においていただいて、早速ガイド入ります!

■PC版でのステップバイステップ、ステーキング方法ガイド4STEP簡単版(Daedalus/Yoroi両方対応)

と言うことで、色々やり方があるのですが、最も簡単なやり方の、4STEPに絞ってみました!詳細版が知りたい人だけこちらみて下さい!

その1:「https://www.google.com/intl/ja_jp/chrome/」へ行ってChromeというブラウザをダウンロードします(もうChromeを持っている人は次へ!)

その2:「yoroi-wallet.com」へ行って5クリックする

その3:11月29日に、Yoroiを使っていた場合と、Daedalusを使っていた場合で、手順が分かれます!

11月29日にYoroiを使われていた方はこのようにクリック、入力します、ここでリカバリーフレーズのところは11月29日に使用されていたウォレットの物を入力しますが、ウォレット名と送金パスワードは自由です!(元のウォレットと同じでなくて構いません)(Daedalusを使われていた方はここは読み飛ばして下さい!)

11月29日にDaedalusを使われていた方はこのようにクリック、入力します、ここで⑧のリカバリーフレーズのところは11月29日に使用されていたウォレットの物を入力しますが、②のウォレット名と送金パスワードは自由です!(元のウォレットと同じでなくて構いません)(Yoroiを使われていた方はここは読み飛ばして下さい!)

その4:その後検索欄で私も管理・フルサポート可能なプールの場合は「ZZZ」「ZZZ2」「ZZZ3」「ZZZ4」「ZZZ5」または「JAPAN」「JP2」「JP3」「KTN」「KTN2」「KTN3」「POP」「POP2」「AAV」「HODL」のステークプールを探して委任します、その他の場合は慎重に選んでそこに委任します!

■Mobile版Yoroiのステーキング方法ガイド

まず、AppleストアかGooglePlayでYoroi mobile(YoroiMobileテストネット、みたいなアプリがあるわけではなくメインネットのYoroiMobileウォレットと同じアプリです!)を探します。そのあと、以下のようにテストネットウォレットの追加、確認、ウォレットアップグレードの確認、と進めていけば可能となります!

その後検索欄で私も管理・フルサポート可能なプールの場合は「ZZZ」「ZZZ2」「ZZZ3」「ZZZ4」「ZZZ5」または「JAPAN」「JP2」「JP3」「KTN」「KTN2」「KTN3」「POP」「POP2」「AAV」「HODL」のステークプールを探して委任します、その他の場合は慎重に選んでそこに委任して下さい!

以上です!

わからない場合、TwitterDMやMAil等で、ご連絡ください!

今後ともこのような詳細なガイドなどガンガン作っていけたらと思いますので、

「ZZZ」「ZZZ2」「ZZZ3」「ZZZ4」「ZZZ5」または「JAPAN」「JP2」「JP3」「KTN」「KTN2」「KTN3」「POP」「POP2」「AAV」「HODL」のステークプール

にぜひお願いしますー!こちらは私もフルサポートします!

それではちょっと大量のDMやMailで少しお返事遅れるかもしれませんが、引き続きよろしくお願いいたします!

以下では参考として、プールの選び方とその他質問の多いことについてまとめております。

【参考1】1,000以上あるプールから適切なプールを選ぶ方法

こちらで少し解説しましたがこっちでも概要書きます。

大前提:「非効率」なプールはあるかもしれないが、「危険」なプールはないはず、なぜならばあなたはADAやリカバリーフレーズを送ったりする必要はないから。(送ってはダメ!)

こんなプールを選ぼう
①ホームページでリカバリーフレーズ・パスワード・実際のADAの送金をお願いしてないプール(それはシステム上不要のため、それをいうプールは詐欺)
②初月割引、あるいは2ヶ月目以降ディスカウントを行ってないプール(それはシステム上不可能のため、それをいうプールは詐欺)
③オートマチックに委託先を変更できる特殊プログラムをうたっていないもの(システム的に困難に思われるため、それをいうものは怪しい)
④プールオペレータとストレスなく意思疎通できるプール(テストネットなので不確定なことも起こるしメインネット以降のタイミングの連携もできた方がいい可能性もある)
⑤機器の高性能をやたら強調しすぎるプールは避ける
⑥ローカル(自宅とか通勤先の会社とか)で動かしているプールは、そこで災害や停電は起きないかな?旅行中とかに何かあったら?ずっとそこに張り付くの?を少し考える。クラウドのプールが良さそう。
⑦固定報酬を多く設定しているプールはそのプールが大量の 委託を集めることができるかよく注意する。(ステークが集まらない場合ほとんどのステーキング報酬を取られる可能性がある)
⑧DaedalusやYoroiに表示されるパフォーマンスがいいこと(ただしサイズの要素が反映されなかったりしているので信用しすぎない)
⑨継続的にCardanoのプロジェクトに関わってくれそうなプールかを慎重に判断する(ミートアップの参加や情報発信やコミュニティ貢献を観察する)
⑩サイズが1%以上のプールは避ける(こちらでサイズを確認する)

(ちなみに、こういうプールは要注意!とか言っておきながら私のプールが要注意に当てはまったら非常に滑稽ですので、当たり前ですが、私のプールティッカー 「ZZZ」「ZZZ2」「ZZZ3」「ZZZ4」「ZZZ5」または「JAPAN」「JP2」「JP3」「KTN」「KTN2」「KTN3」「POP」「POP2」「AAV」「HODL」はそれがないようにしておりますため、ご検討くださいー!😂これは私もフルサポート・管理してて、上の要素は該当ないと思ってます!

【参考2】その他質問の多いこと

・YoroiとDaedalusで今回同じ15語のリカバリーフレーズを使うこともできます。リカバリーフレーズが同じである場合、これはいわばアイフォンとアンドロイドの別携帯で、同じGmailを開いているような状態ですので、全く同じものです。例えばYoroiでステーキング設定を変えたら、自動的に同じリカバリーフレーズのウォレットをDaedalusで表示している場合は自動的にそちらも画面上変更されます!

・再委託の方法は以下で示す委託の方法と同じ方法でもう一度再委託した先に委託することで可能です。
その場合、2日後あたりまで今まで委託していたプールの報酬額が入金され3日後あたりから再委託先の報酬額に切り替わる、というような形になります。

・ロックはありません、いつでも資金移動・再委託できます。

・以下委託作業に特に期限はありませんが早い方がお得です。

・ステーキング報酬そのものも勝手に委託されます、現段階では1ウォレット=1プールが紐づきますので、それで考えるとわかりやすいです。同じウォレットにステーキング報酬が入ってきたらそのステーキング報酬も自動的に委託されたことになりますし、そのウォレットからADAを移動させたらその分委託が解除されますし、そのウォレットにADAを追加したらその分追加で委託されます。

・Daedalus Rewardsの報酬ウォレットの復元フレーズの確認方法:同じ復元フレーズで報酬ウォレットを作成しようとすると 「復元しようとしているウォレットは既に存在しています」が表示されれば その報酬ウォレットの復元フレーズは合っていることになる

・委託先変更したときの報酬の流れは具体的にこんな感じです。
1エポック目(委託先:なし)ーZZZプールに委託証明書送信
2エポック目(委託先:なし)
3エポック目(委託先:ZZZ)ーZZZプールの委託が有効化
4エポック目(委託先:ZZZ)ーYYYプールに委託証明書送信
5エポック目(委託先:ZZZ)
6エポック目(委託先:YYY)ーYYYプールの委託が有効化
7エポック目(委託先:YYY)

・メインネットステーキング報酬の税金の扱い:国税庁からの資料を参照ください。

・テストネットステーキング報酬の税金の扱い:大きく2つの考え方があるかなと考えています。(正確には税理士にご相談ください)
1)マイニングにより取得、したのはあくまでテストADAの形ですが、リアルADAに変換可能で実質同様な交換可能通貨を取得してますので、その都度のリアルADAの時価で計算するという考え方もあると思われます。(適切な例ではないかもしれませんが売上として、来年に日本円に交換できる金券を今もらっても、来年ではなく今課税されだと思います)
2)リアルADAに換金できないので来年に交換時に、というロジックを主張される方もいらっしゃいますので、その考え方もありうるとは思われます。
→私は、経済的実態としては前者かなと思ってますので、あとその他諸々の理由も考えて、前者で行う方向では考えています。

・唯一信頼可能な2つのリンク

以上です!今後ともこのような詳細なガイドなどガンガン作っていけたらと思いますので、

「ZZZ」「ZZZ2」「ZZZ3」「ZZZ4」「ZZZ5」または「JAPAN」「JP2」「JP3」「KTN」「KTN2」「KTN3」「POP」「POP2」「AAV」「HODL」のステークプール

にぜひお願いしますー!こちらは私もフルサポートします!

それではちょっと大量のDMやMailで少しお返事遅れるかもしれませんが、引き続きよろしくお願いいたします!