cardanoz/new

2020/3/25-チャールズWikiの検閲への声明-唯一無二のPOS-日本のWikiにCardanoを適切に反映させよう!

ということでウィキの検閲にチャールズさんは不満を持っています…どうやら英語圏では例えば「POS」の説明にCardanoを追加すると削除される、ということが起こるようです…

これには断固反対だ、今はShelley第一だが、その後にはアグレッシブなキャンペーンを行なって反対しようかなとおもう、と言ってます。日本語でも適切に書かれる必要がある、とも言ってます。

というわけで日本語のウィキを書き換えていきましょう!その書き換え方の解説も含めた動画を作りました! ぜひご覧いただき、クリプト系の記事にCardanoが適切に反映されていない場合はしっかり書き換えていきましょう。実はすごく簡単に書き換えられます。

概要:

・コミュニティは一生懸命ウロボロスを追加しようとしている。
・率直に言ってたのPOSよりはるかに優れている
・科学的研究がある
・ITNの成功で実証された
・ウィキペキアで大規模な検閲があって記述できない
・削除の理由がわからない
・Plutus/拡張UTXO/ウロボロス:削除されるが、どうすればいいのか聞いても答えを得られない。
・中央集権化された一元化されたサービスを展開したが、そこのユーザーが破損している。それで少数者が勝利してしまう。
・今のところShelleyのローンチに集中するが、不当な商業的偏見があるため、これについては調査をし、必要に応じて積極的なキャンペーンを行う

・ぜひ、今後もこのような記事を書いていこうかなと思っています、よろしければZZZ、KTN、JAPAN、JP、POPシリーズのどれかのステークプールへの委任より、CardanoZを応援してもらえますと嬉しいです!

・また、CardanoADA非公式オープンチャットコミュニティも、全体チャット上級チャット運営チャットにわかれ、より分散化が進みました、700名以上総計で参加されいます!テレグラムに近い、匿名で(LINE本アカウントを知られることなく)参加できるLINEのチャットです。とはいえ、まだできたでホヤホヤのコミュニティですので、いざこざもたくさん起きていますし今後も起きます。その度に都度ルール等を改善してまずは日本最強のクリプトコミュニティにして行きたいと思います😄

それではまた!

CardanoNode1.8.0とは?何が解決されて何が新機能で何が課題なのか、開発進捗はGithubのどこをみて確認すればいいのか、解説!

ということで、動画で解説してみました!

他にも、こういうリリースをどう確認すればいいのか?開発進捗はGithubのどこをみて確認すればいいのか?今のこの1.8.0のアップデート内容をみてやばそうな項目はないのか?などの込み入った話にも触れてみました!ぜひご確認ください!

これは、いくつかのセキュリティおよび堅牢性の改善、およびその他のマイナーおよび内部の改善を含む累積リリースです。このリリースでは、最初の(ベータ)Windowsサポートもあります。詳細については、Cardano Node 1.7.0 ChangeLogおよびCardano Node 1.8.0 ChangeLogを参照してください。2020年3月23日にメインネットに展開されました。

新機能

新しいCLIコマンドget-tip、pretty-print-cborおよびvalidate-cbor(#591、#545、#637)
versionCLIにコマンドを追加(#593、#630)

改善点

TxSubmission(#584)の構造化ロギングを追加
TraceForgedInvalidBlock(#605)のロギング詳細を追加しました
ログフィルターのデフォルト設定の改善(#633)
ロギングとベンチマークの改善されたトレーサー(#624、#653、#663、#664、#655、#670)
ネットワーク層でのトレースとエラー報告の改善(#1762)
TxSubmission トランザクションシステムトレース用のトランザクションフローの追跡を追加(#1688)
統合されたWindows IOCPベースの非同期I / O、抽象化レイヤー(#1499)
Windowsネットワークソケット用のベクトル化された非同期I / O(#1552)
ジェネシス生成の明確化されたコード(#732)
ノード間プロトコルのハンドシェイクフェーズにタイムアウトを追加(#1752)
PRNGの使用の改善(#1554、#1616、#1678、#1677)
ARMおよびJavaScriptへのクロスコンパイルを容易にするためにOpenSSLへの依存を削除

解決された問題

メトリックス監視バックエンドのルーティングの設定を修正(#622、#659)
エラー分類ポリシーを修正(#1553、#1738)
リソース管理のバグを修正(#1787、#1792)
チェーン上の偶発的なメモリ保持のつぶれ(#1718、#1793)
長さ0のSDUの競合状態を修正(#1730)
重複トランザクションのフェッチの削減(#1749)
journaldの非構造化メッセージ出力を修正(#590)
EBB関連のバグを修正(#1690、#1691)
チェーンDBバグを修正し、ブロックを追加する際のパフォーマンスを改善しました(#1463、#1709)
ブロックフェッチのバグを修正(#1147)
従来のByron実装に一致するようにトランザクションサイズの計算を修正(#703)
プロトコル更新の投票に対するリプレイ保護を修正(#739)
仕様に準拠するために、ブロック内のトランザクションサイズの小さな不一致を修正しました(#718、#742)

既知の問題点

ノードのトポグラフィーは同期時間に影響します(#589)

・ぜひ、今後もこのような記事を書いていこうかなと思っています、よろしければZZZ、KTN、JAPAN、JP、POPシリーズのどれかのステークプールへの委任より、CardanoZを応援してもらえますと嬉しいです!

・また、CardanoADA非公式オープンチャットコミュニティも、全体チャット上級チャット運営チャットにわかれ、より分散化が進みました、700名以上総計で参加されいます!テレグラムに近い、匿名で(LINE本アカウントを知られることなく)参加できるLINEのチャットです。とはいえ、まだできたでホヤホヤのコミュニティですので、いざこざもたくさん起きていますし今後も起きます。その度に都度ルール等を改善してまずは日本最強のクリプトコミュニティにして行きたいと思います😄

それではまた!

2020/3/24-チャールズ声明、今までの遅延と期日、Byron再起動は過去最大のリリースになる点について

ということで、声明が出ました、今回は、動画のほうで補足解説させていただきます!また動画見る時間が、という方のためにチャールズさんの声明の概要も文書で載せてますのでこちらご確認ください。

概要:

レディットでそういう声を聞いた。私たちは透明でオープンなのでその声に答えよう。
すぐリリースされるバイロン再起動とは何か?
18ヶ月の研究のコンビネーションだ。
今までの研究の歴史となぜそこまで長くかかったのか話そう。
Cardanoは科学のプロジェクトだ。
科学は予測できず、そして時間がかかる。
コロナのワクチンがすぐ出てこないのはなぜか?それと同じだ。
Cardanoは他のプロジェクトの模倣では一切ない。
BTCがETHやEOSやテゾスという選択肢があるのに単に良い元帳良いコンセンサスの仕組みであるだけならば3,000ある暗号通過の1つになってしまい、どうやってトップになると言えるのか?
私たちは研究を基礎にするという第一原則から2015年にスタート、つまり、すぐ、というものはない。
元帳とはなんですか?
アカウントシステムとはなんですか?
どうやってスマートコントラクトを書きますか?
何が要件ですか?
数学的なプロセスを踏んでおり、それは遅く、みんなそれを知ってて入ってきているはずだ。
そして私たちはピアレビュー、根拠ベースのソフトウェア、構造やどのようにしてクリプトを作るか…これらを2017年にまで多くを学んだが、しかしながら10年20年も待つのは考えられないことだ。
したがって、2017年に私たちは2つのアプローチを行うことにした。
フォークハスケルビットコインのチームを雇ってウロボロスにした。これはインセンティブテストネットで今行っているようなバージョンだ。2015年の9月にバイロンリリースを行った。これはサラシュ氏のチームだ。
well-typedのダンカン氏の率いるチームが科学第一原則の完全なクリプトを並行して作っていた。
これらは残念ながら全てが思い通りではなかった。
2018年は安定化に向けてずっと動いており、2018年の9月に、ラストのプロジェクトを始めた。これは高速でありながら、できるだけ当初の設計に近いものを作るアプローチだ。
これは2019年、インセンティブテストネットとして成功した。すでにこれは分散化された安定したものとして機能している。
そして集大成がバイロン再起動だ。これは単なるリリースではない。今までで最大のリリースだ。
別のコードベースを使用することはよくなかった。
競合を見ても、数億ドルを失うハッキングなど、大きな問題を抱えている
大企業の大規模なプロジェクトは10年にわたる遅延が起きる。それはティムクックが演説するまではあなたは目にすることもできない。
私たちが作るものはGithub、論文、全てのプロセスは見える。
どうやって科学に基づく、根拠に基づくソフトウェアを作るのか、今まで魔法のカーテンの裏側にあったものが見えるようになる。
Haskellそれ自身でさえ、改良が必要だった。悪いライブラリやHaskellがJavaやWebアセンブリーとうまく連携させる必要、WindowsとHaskellを連携させる方法、これらには2年もかかった。
これに時間をかけている人々はベストなキャリアの時をこれにかけている。
Githubを見れば週末や休日にも彼らがベストキャリアをCarda noに費やしているのがわかるはずだ。
去年の11月には誰もどうやってネットワークがコミュニティとして機能するのかわかっていませんでしたが、今や1000人もの人が参加してプールとして参加し、ビデオを作ってと言ったらどんどんきている。
批判者は1つの論文でさえ引用して批判できない。
今や非常に機能している。
時価総額で全て、考えている人々がいる。彼らは気にしない。彼らはプロジェクトに何も貢献していないし彼らと何か構築したいとも思わない。彼らはまた数年後別のプロジェクトの批判に忙しいだろう。
原則と同時に、100万のTPS、安全なPOSにたどり着いた。これは驚くべきことであり些細なことではない。
私を信頼する必要はない、コードはそこにあり、論文もそこにある。700以上Ouroobosクラシックは引用されている、引用されるだけの価値があるからだ。
今どうやってリリースするかだけではなく今後数十年を考える必要がある。
Byron再起動は高速ロードマップと遅いが数学的根拠に基づくロードマップが統合されるイベントでありすぐやってくる。シェリーもゴーグエンもすぐくる。
あなたはリアルタイムで良き科学を行っていることを確認でき、良いニュースはそれが終えたことだ。
5年の輝かしい信じがたく困難な考えが分散化社会に刻まれている。
20カ国以上のチームが集結します。100人以上のコード。
GUIシステムであるダイダロスは非常に複雑なシステムだ。Haskellノードもそうだ。
ヨルムガンドもHaskellも非常に複雑な新しいネットワークだ。
市場に出すために数十億にの潜在的な設定でテストする必要があった。
Windows Linux Mac全てのシステム、全てのハードウェア、全てのネットワークを設定する。
これらがうまくいかない場合はツイッターかレディットへ行ってましたが、ヘルプデスクも解説して何千ものチケットに対応している。
遅れているという評価は本当にクソだ。
私たちはここにいて、批判者に勝利する。私たちはリリースする。私たちはこういう遅延にかかる毎週の批判にとても疲れている。
あなたがはっきり見ることができるコミットがありビデオも作る。
あなたに朗報がある、ShelleyやGoguenが来たときに価値が50倍になりません、これが世界的な恐慌だ。
アメリカは無限にお金を刷りまくると言っている。
もしあなたが値上がりに執着するなら、クリプトを離れるべきだ。
私たちは分散社会の基盤を作るためにいる。
私たちはデイトレーダーを金持ちにするためにいるのではない。
数十億もの支払いと規制の自動化に役立つトランザクション、この革命に参加したいなら、ADAだ。
何度も何度も何度も批判を目にした。
クリプトは社会の失敗へのヘッジだ。
それらは原則と特性とストイックさとエンジニア。
何が新しいか?私たちは一回もやったことがない。
ビットコインがそうであるように、カルダノの多くのフォークが出てくるだろう。
私たちはテストして検証することができる。
私たちではなく、コミュニティがカルダノを動かす。
非常に血生臭い努力が背後にある。
毎日構築し解決している良き人々が背後にいることを理解すべきだ。
TCP/IPやBTCがそうであったようにコミュニティが主導してHydraの論文の解説などを行っている。
Cardanoは社会運動になってきている。
科学的手法の信念に基づく製品は、実際に世界を変えることができる。
一切これまでに過ちがなかったわけではありませんので批判者を尊重する。
冷静になって忍耐を持ってください。
気づいてください。
信念をもってください。FUDが頭を埋め尽くすのを許さないでください。
エビデンスを信じてください、エビデンスはいつも明確だ。
私たちはみんなに行ってきた。
悪い決断をしたら方向修正や改善をしている。
エビデンスを信じてついてきてください。

ということで、今回はビデオもセットで作ってみました…ぜひビデオもご視聴ください!

・ぜひ、今後もこのような記事を書いていこうかなと思っています、よろしければZZZ、KTN、JAPAN、JP、POPシリーズのどれかのステークプールへの委任より、CardanoZを応援してもらえますと嬉しいです!

・また、CardanoADA非公式オープンチャットコミュニティも、全体チャット上級チャット運営チャットにわかれ、より分散化が進みました、700名以上総計で参加されいます!テレグラムに近い、匿名で(LINE本アカウントを知られることなく)参加できるLINEのチャットです。とはいえ、まだできたでホヤホヤのコミュニティですので、いざこざもたくさん起きていますし今後も起きます。その度に都度ルール等を改善してまずは日本最強のクリプトコミュニティにして行きたいと思います😄

それではまた!

2020/3/20チャールズAMA-さくらの写真送付願い、オラクル、ハスケルの力、驚きの発表もある、大規模な採用後100兆円になって欲しい…等々…

100分に及ぶAMAです…これはぜひ3連休にみて欲しいところですが、ちょっとキツイ…という方のために概要です!

・前の AMAではイライラしすぎました。もう1回AMAをやります。桜を見逃してとても悲しいので、日本の方は、桜を写真を送ってください!
・オラクル:複数通貨、アイデンティティ、規制フラグ、Goguen時代のくる。投票システく、LINKなどから学ぶ。
・ラストは目標を達成したし、ハスケルもやってくる。
・バイロン再起動は2週間ぐらいでくる、できれば今月。
・コロナ自体は怖いとは思っていないが経済面でダメージを与えているのが悲しいこと
・3月末にプロダクトアップデートがある。
・ハスケルテストネットの目的は2つ。①オペレータの練習期間②リワード移行のテストのためのテストであって性能テストは目的ではない(すでに完成された状態で出てくる)。したがって、そこまで長い期間を走らない。
・ADAはどこにも受け入れられてない、というのは嘘だ。批判者は無視することだ。ZーYenの研究は役に立ってない無視して前進すること。
・技術と製品が好きな人々が次々にやってくる
・アルゴランド:ファイナリティは確かに早いが、トレードオフがある。Hydraでどうにかする。ビザンチン耐性がより高い確率的ファイナリティを選んだ。
・ネットワークやCPUのスパイクがヨルムガンドにあったが、毎週改善させているし当初のコミュニティ関与や教育の目的は達成された。
・好きな色は黒です。
・LINKと働きますか?私としては一緒に働くことは問題ないし彼らの仕事は好きだ。オラクルやステーブルコインもやる。いろんなことが並行で進んでいる。
・投票:EーVotingの方がもっとセキュリティは高い。ZーCashでもプライベートにできる。投票用トークンを使えばもっと簡単だ。
・キャッシュとクリプトしか持ってません。ゴールドも株も何も持ってません。株は合法的なギャンブルです。
・IOHKはSTO扱う予定。5年ぐらいみて。ETFなど。
・メーカーDAOを見ると、Difiは本当に難しいということだ、だからここまで時間をかけて開発している。
・他のユースケースになるカンファレンスも出てくる
・レジャー:10週間ぐらい。コールドステーキングや複数署名も出るはず。
・ADAには100兆円になって欲しい。適用されて世界を変えたらそうなってもいいだろう。
・オペレータをやりたい人はテストネットから始めた方がいいだろう
・FUDをわざわざ動画にしにくる人は一体何をしにきたのですか?気にしないでください。
・kをヴォルテールで変えられるようにする予定です。これをテストできたのはよかったです。1000は目標として良い数値ではあります。
・ETHはオンチェーンが好きではなさそうだし時間がかかりそうだ
・Goguenにもローンチパートナーいます。
・あなたが驚くようなものがShelleyローンチで待ってます。
・法律のDSLにより規制に対応します、あとで出てきます。
・ハイエクのプライベートマネーなど聞いてください。
・量子コンピュータ耐性は研究され大丈夫ですしいますぐに必要ではありません、それを主張する人はあなたに何かを売りたい人です
・好きな国立公園ーイエローストーン

ということで反省から始まって好きな国立公園から規制対応からオススメの経済の本など幅広く扱っていただきました…

日本の桜が恋しいので、写真をツイッターで送ってくれ、とのことなので桜の写真を送っておきましょう!

・ぜひ、今後もこのような記事を書いていこうかなと思っています、よろしければZZZ、KTN、JAPAN、JP、POPシリーズのどれかのステークプールへの委任より、CardanoZを応援してもらえますと嬉しいです!

・また、CardanoADA非公式オープンチャットコミュニティも、全体チャット上級チャット運営チャットにわかれ、より分散化が進みました、700名以上総計で参加されいます!テレグラムに近い、匿名で(LINE本アカウントを知られることなく)参加できるLINEのチャットです。とはいえ、まだできたでホヤホヤのコミュニティですので、いざこざもたくさん起きていますし今後も起きます。その度に都度ルール等を改善してまずは日本最強のクリプトコミュニティにして行きたいと思います😄

それではまた!

2020/3/19 チャールズアップデート-Shelleyはすぐ、ローンチイベントはバーチャル実施(協力できる人お願い)、バイロン再起動もすぐ

・私はあらゆる努力をして京都へ行くだろうが、 京都で大規模にイベントをやるのは困難なのも事実だ
・したがってバーチャルカンファレンスにて行われるだろう、バーチャルカンファレンスの方法について、IOHK初の試みのため、ぜひ協力して欲しい(レディットなどで投稿して欲しい)
・ Shelleyはすぐローンチさせる(ただしその日付の確率が確実に発表できるレベルに高まっていないので、日付はまだいえない)
・ バイロン再起動も順調で、ブログなども出てくるだろう

という短いアップデートでしたが、バーチャルカンファレンスの経験のある方、ぜひご協力お願いします!

短いですが今回は以上です!

・ぜひ、今後もこのような記事を書いていこうかなと思っています、よろしければZZZ、KTN、JAPAN、JP、POPシリーズのどれかのステークプールへの委任より、CardanoZを応援してもらえますと嬉しいです!なぜ、ZZZ関連へ委託した方がいいのか?のビデオも作成させていただきましたのでご覧になってみてください!😄

・また、CardanoADA非公式オープンチャットコミュニティも、全体チャット上級チャット運営チャットにわかれ、より分散化が進みました、700名以上総計で参加されいます!テレグラムに近い、匿名で(LINE本アカウントを知られることなく)参加できるLINEのチャットです。とはいえ、まだできたでホヤホヤのコミュニティですので、いざこざもたくさん起きていますし今後も起きます。その度に都度ルール等を改善してまずは日本最強のクリプトコミュニティにして行きたいと思います😄

それではまた!

2020/3/15_チャールズAMA:Shelleyメインネットまでの状況、ステーブルコイン、不況と価格、Hydraと元長シャーディング、他の諸々の技術の状況

ということで、今回は久しぶりのAMAです!最後らへんはかなりずっとギャンブルコインと言われて怒っていたのですが、そのあたりの熱量含めてざっと羅列してみました、ご確認してみてください!

・いつ Shelleyメインネットですか?→あなたが思うよりすぐです。
・なぜADAは価格が低いのですか?→全て下がってます。全て上がればADAも上がるでしょう。
・ITNでアップルで問題がずっと出てますが?→アップル側の問題で解決が遅延している。マイクロソフトと比べて非常に対応が遅い。
・いつまで不況は続きますか?→不況が続くというより世界の秩序のラベルが剥がれてきている。アメリカでは0%の利子でお金を貸すよ、と言っている。つまり何度も言ってきたように持続可能なシステムではないということ。不況を乗り越え全てが上がったら上がるでしょう。コロナのパニックでトイレを買いまくる人々がいます。例えば1つの銀行でお金が出せなくなったら、パニックが起きて法定通貨から、銀行から逃げる人々が出てくるでしょう。それがどこかのタイミングで起こります。
・MAccannは?→最初のプレゼンは良くなかったのでやり直しさせている。
・ステーブルコインのDAOで問題が出ていますね?→極めて難しい技術だ。依然として大量のタスクがある。
・2020年に大型取引所に上場しますか?→はい、いくつかあります。
・Hydraには元長シャーディングも追加されますか?→不要です。新たな問題が出てきて、元帳シャーディングが必要になる時がくるかもしれませんが、少なくとも、今後5年においてはHydraのプールベースでのシャーディングで十分です。
・ Shelleyローンチにおける問題が何があるか教えてください→問題はないし私は内部の暫定メインネット日付を把握していますが、バイロン再起動(80%ぐらいシェリーコード)、ハスケルテストネットの後で伝えます。
・メインネットの価格インパクトは?→この市場の状況なので、シェリーのローンチが即座にADAの価格に大きなインパクトを与えると期待しすぎないでください。BTCも然りで、銀行に問題が起きればすぐにビットコインは10万ドル(1000万円)になる可能性もありますが、1000ドルに下がる可能性もあります、現在リスキーな市況なので気をつけてください。
・BTCと比べてADAは優れていますか?→ビットコインは優れたセキュリティを持つ点が本当に素晴らしいがADAもそれを持つ。そしてその他ではあらゆる面でADAが優越する。したがって価値保存という意味でビットコインが機能する可能性があるがそれ以外の面ではADAがより優れると考えている。
・Kフレームワークは進んでますか?→はい
・ポリマスは?→1年でコンサルタント期間が切れる互いに学べた。彼らのチームは好きだ。
・ピアノは何製ですか?→ヤマハ
・何歳?→32歳で今年で33歳。
・PWCワークショップは?→成功であり、統一戦略が出て、長期的にCardanoに価値をもたらす。
・Cardanoはへデラハッシュグラフより速いですか?→Hydraでグローバルレベルの金融インフラを作れるのになぜ速さを気にしているのですか?
・Z-cash HALOはどうですか?→素晴らしいが私たちのSONICの方が優れておりそれは開発された。
・カルダノから逃げませんか?→Voltaireが終わるまでCardanoから離れない。バイロンはバイロン再起動で正式に終了する。RINA、スナーク、量子耐性1ショット署名は2020年以降の視野だ。その開発のために Voltaireは重要だ。
・コロナの開発への影響は?→IOHKはリモートワークでありチャールズ自身も旅行をキャンセルして基本的に家で仕事をしている。
・シビルアタックについては?→シビルアタック耐性についてはさらに研究の余地がある。Proof Of Merit というものも2020年から2025年の視野の研究範囲になるかもしれない。
・コロナは心配ですか?→コロナは心配していないが、その先のさらに中央集権的な社会の到来が急速に訪れる可能性を心配してしている。
・ゲームプラットフォームですか?→ゲームギャンブルプラットフォームではない。それは大嘘だ。 テゾスコミュニティにより主に打ち出されている。彼らは日本のマーケターとしてサイトを作り。 なんでクソカジノのために私と私の会社が金を使う必要があるのか。5分考えてください。カジノのために世界レベルの科学者とエンジニアがなぜ必要ですか?EOSでやればいいですよね。世界的な金融インフラを作ろうとしていて、今や世界に放たれようとしている。日本でも何度も説明しているしアフリカにも行った。科学の第一原則で行っている。50枚以上の論文と科学に裏打ちされた100万ものコードがある。「Cardanoはカジノコインとして始まり、テゾスが出たやいなやテゾスのロードマップ を盗んだ」そうだとしたらなぜ私はテゾスからフォークしていないのか?いい加減にして欲しい大嘘つきであり嘘は死滅させる必要がある。成長を求める。ギャンブルプラットフォームだと5年前に書いた日本語のウェブサイトを参照しないことだ。全く信じられない。テゾスのコミュニティのレディットでは私を大嘘つきと呼ぶ。5年もかけた、私はもう30歳になり若くない、祖母の葬式ではいかに年が早く過ぎるか知る。ギャンブルコインや単なる財布やポンジスキームのために5年も費やせる時間はない。私はこのサイトで見たのでそれが真実で私やついてくる何百もの人々は全て無意味と言っている。若者の最大の問題は批判主義者であること。カルダノは確かに過去過ちを犯したことがあるし期限に間に合わないこともあったが、それを見つけてはバカにすることに集中している。韓国や日本のコミュニティが熱狂するのは金が欲しいだけか?違う、世界を変える特別な運動をしているからだ。

ということで…なかなかMAccannやAppleとの連携などがうまくいかないところもあるという事実もあり、またメインネットへの過度な価格面での期待も牽制する形ではありますが、大枠はビジョンが一貫しており、メインネットも順調に近づいており、そのための重要なステップであるバイロン再起動も依然として今月内が目処のようです!すべてが順調!というわけではありませんが、大まかには前進していますので大枠を捉えて見守っていきましょう。

また、日本語のADAはギャンブルコインと記載するサイトをかなり問題視されているようで、もし見つけたら、記事製作者さんに(もちろん暴言にはならないように)注意してあげてください!

・ぜひ、今後もこのような記事を書いていこうかなと思っています、よろしければZZZ、KTN、JAPAN、JP、POPシリーズのどれかのステークプールへの委任より、CardanoZを応援してもらえますと嬉しいです!

・また、CardanoADA非公式オープンチャットコミュニティも、全体チャット上級チャット運営チャットにわかれ、より分散化が進みました、700名以上総計で参加されいます!テレグラムに近い、匿名で(LINE本アカウントを知られることなく)参加できるLINEのチャットです。とはいえ、まだできたでホヤホヤのコミュニティですので、いざこざもたくさん起きていますし今後も起きます。その度に都度ルール等を改善してまずは日本最強のクリプトコミュニティにして行きたいと思います😄

それではまた!

3月第2週の開発週次報告をいつもよりやや突っ込んで分析したみた

ということで、暗号通貨そのものへの不安の広がりを感じますので、今回は、よりマジメに3月第2週の開発週次報告を読みます!

まずは、DAEDALUSから見てみましょう。DAEDALUS=ウォレット、という認識は強いと思いますが、実際のところ、DAEDALUSは週次報告のくくりを見ると、3つの要素から構成されています。ウォレット、アプリケーションプラットフォーム、CARDANOエクスプローラーです。

各々みていきましょう。

DAEDALUS-CARDANOウォレット

Daedalus 2.3.0-ITN1リリース。接続時間および同期時間の改善を意図して、cardano-walletおよびJörmungandrノードの新バージョンを導入。
・メンテナンス:カスタム番号、日付、時間フォーマットのテストカバレッジを実装、設定画面のテーマ選択を再び可能に。サードパーティパッケージの更新作業。

とあります。いつもはこんな感じです〜と流しますが、今日は少し真面目に突っ込んでみていきましょう。

😇<「cardano-walletおよびJörmungandrノードの新バージョンを導入というのはどういうことでしょうか?ウォレットにcardano-walletを導入って「馬から落ちる時に落馬するシステム」並に意味がよくわかりません!」

これはcardano-walletというのはDAEDALUSを後ろで支えてあげるシステムのような意味で理解すると良いでしょう。Cardanoは1にも2にも3にもHaskell重視のプロジェクトですが、DAEDALUSチーム自体が使っているのは実はJavaScriptです。これは私たちが使う、本当に表面の製品だからです。いわば車のハンドルだったり椅子だったりの部分です。中身のエンジンやバッテリーなどは全てHaskellで作られています。これがcardano-walletです。紛らわしいので私は財布支援機能、とかいう風に読んでいます。

したがって、「cardano-walletおよびJörmungandrノードの新バージョンを導入」というのは、新しいエンジンやバッテリーに合わせたハンドルや椅子にしました、というような感じで捉えていただければいいかなと思います!

😇<「テストカバレッジ?サードパーティパッケージ?とはなんですか?私は日本人で日本語しかわかりません。こういう横文字はマジでよくわかりません。」

テストカバレッジを上げる、というのはテストされている、しようとしている範囲を上げた、という意味です。車で言うと、今まで椅子はテストしていなかったけど椅子の安全性もテストするようにしました、とすると椅子をテストカバレッジに含め、テストカバレッジを上げた、ということになります!

サードパーティパッケージの更新、というのは、DAEDALUSの動きやデザインに関して、DAEDALUSチーム以外が作った所とうまく連携するようにした、というような意味です。つまり、実際椅子の塗料は塗料チームが作っていますが、それと椅子の素材がその塗料に馴染むように改良した、みたいな意味合いです!

DAEDALUS-アプリケーションプラットフォーム

・Cardano GraphQLにCORS設定を追加して、APIアクセスの制御性を向上。子では特定のオリジン配列が可能に。
・GraphQLスキーマ用に自動生成されたTypeScript定義もパッケージとして消費用に公開され、クライアント側の型の安全性のために実行するサービスへ直接依存する必要性を切り離しています。

😇<「前からこの項目あるけど、そもそもアプリケーションプラットフォームって何?」

アプリケーションプラットフォームですがこれはアプリをたくさん扱うための場所、という意味です。アプリというのは、改めて何かというと、ん?ってなるかもしれませんが、単純にパソコンやスマホを開くと表示されるアイコン達、これがアプリです。DAEDALUS-アプリケーションプラットフォームはDAEDALUSで構築されるアプリ達、あるいはそのアプリ達の場所作りを担当しているんだという感じです。

😇<「Cardano GraphQL?CORS設定?APIアクセスの制御性?オリジン配列?・・・???????高度に暗号化されてますね、もう見たくありません」

と思われるかもしれませんが、粘り強く専門用語を倒していきましょう。まずは、Cardano GraphQLは、Cardanoブロックチェーンの状態を問い合わせることができるための便利ツールです。車で言うと速度メーターを簡単に取り付けられるための速度メーターの接続部分、と言う感じでしょうか。CORS設定と言うのは、「Cross Origin Resource Sharing」の略で、異なる領域にアクセスしたときのルールで、車で言うと、速度メーターの取り付け部分に、これならOK、これはダメと言うルールを入れることができました、と言うような意味です。APIというのは、Application Programming Interfaceの略で、外部からの情報を扱うためのもので、「Cardano GraphQLにCORS設定を追加して、APIアクセスの制御性を向上」は車で言うとメーターの接続部分にOK、NGの基準を入れることができるようにして、車のメーターからデータを読み取ってメーターに表示させる仕組みがメーター計測データを取りに行こうとする時の流れをコントロールしやすくしました、という意味になります。オリジンとは、オリジン = スキーム、ホストの組み合わせで、http://ex.comで言うとhttp://がスキームex.comがホストです。URLのようなものだと思ってください!これをシングルまたはコンマ区切りでいけます、という感じです。

😇<GraphQLスキーマ?TypeScript定義?クライアント側?・・・??????????????????????????????????

スキーマというのは構造みたいな意味、TypeScriptとは、型がついたJavaScriptのこと、クライアント側というのは私たちユーザー側、ということ、つまり、速度メーター表示する構造用に作られた型つきのプログラムが公開されて、型がついているので、エラーが起きづらく私たちそれを利用するユーザー側が安全に使えるよ、というような意味です。

DAEDALUS-CARDANOエクスプローラー

・QAチームは、QAテスト結果に合わせたフロントエンドのデザインおよびアプリケーションロジックの変更を完了しました。開発の深化を補助するために、継続的なデプロイプロセスの新たなステージングを確立し、他のウェブプロジェクトを進めるための標準を向上させました。

😇<「QAってなんですか?ステージングを確立ってなんですか?」

QAってのは品質向上、ステージングを確立というのは基礎ができた、というような意味です…つまり、品質向上チームはエクスプローラのデザインとか仕組みを改善して、いい感じの仕組みを作るための基礎ができたよ、という感じです!

ADRESTIA-ウォレット

cardano-walletとcardano-nodeの組み合わせを使用した、Byronウォレットから別のByronウォレットへトランザクションを送信する最初のE2E統合シナリオを制作しました。これは主要なマイルストンであり、チームはあといくつかの統合シナリオを制御してから、来週のリリースを目指しています。

また、最近発見されたいくつかの不具合、特にWindowsデバイスで見られる奇妙なビヘイビアについて調査を進めているほか、Nightlyの自動テストがWindows環境でまもなく行えるようになる見通しです。これにより、IDの発行およびレゾリューションスピードの改善が見込まれます。

😇<「ADRESTIAってどっかで聞いた気がするのですがなんでしたっけ?」

出ましたADRESTIA!ということで、これは復習です、ADRESTIAは単純にいうとプールとDaedalusを繋ぐ橋です。ここでいうウォレットというのはDaedalusではなく、Daedalusへの橋を意味しています。

😇<「cardano-nodeって何?E2E統合シナリオとは?ビヘイビア?Nightlyとは?レゾリューションって何?」

cardano-nodeはHaskell版のプール、E2E統合シナリオとはエンドツーエンドつまり最初から最後までの状態、ビヘイビアというのは振る舞い、Nightlyとは最新版のこと、レゾリューションとは細かさのことです…つまり、Haskell版のプールなどまで含めた最初から最後までのテストを作りました。Windowsが変な動作をする現象について調査してて最新版を自動でテストできる仕組みがWindowsでできるようになります、というような感じです。来週になんらかのリリースがあるようなので期待ですね!

ネットワーキング

・多重化層のingressキューを保護するサイズ制限の計算を行ったほか、コードのリファクタリングによりネットワーク中のバイト数に影響するすべての必要とされるパラメーター(例:パイプライン化されているメッセージ数)を中央部に設定。
・ハンドシェイクミニプロトコル用のタイムアウトを実装し、cardano-db-syncクライアントがノードに接続することを妨げているいくつかのバグを修正。

😇<「多重化層のingressキュー?リファクタリング?パイプライン化?ハンドシェイクミニプロトコル?タイムアウト?cardano-db-syncクライアント?」

ingress=装置へ入力するタイミングで帯域情報計測する概念/システム
キュー=データを先入れ先出しのリスト構造で保持するもの
リファクタリング=プログラムの動作や振る舞いを変えることなく、内部の設計や構造を見直し、コードを書き換えたり書き直したりすること
パイプライン=コンピュータにおける処理要素を直列に連結し、ある要素の出力が次の要素の入力となるよう配置・処理するもの
ハンドシェイク=二台の装置が通信する際に、相手方の応答確認や設定値の交換など、本来的な信号やデータの伝達以外に行われる通信のこと
プロトコル=コンピューター同士の通信をする際の手順や規格
タイムアウト=処理やデータ転送などがあまりに長引いた場合に、途中で強制的に打ち切って終了すること
cardano-db-sync=チェーンをたどり、チェーンからPostgreSQLデータベースにデータを挿入する機能

ということで、専門用語多めなので単語毎に説明されても辛いかもしれません、元の文書を言い換えますと…

・データが入ってくる時のサイズ量を計測するためのツールの箱の大きさを制限する計算を行って、コードの内部改良をして順番通りに処理されるメッセージの数の設定も調整しました。
・プール同士が通信する時のルールとして、一定時間経ったら通信が切れるようにして、データをやりとりする機能のバグを修正しました。

という感じです。これでもちょっとわかりづらいかもしれませんが、つまりはプールとプールが通信する時のルールを改良しましたという感じです!

DEVOPS

・新しいCardanoノード用のWindows Cl自動化、およびDaedalusの新Haskellノードおよびウォレットとのパッケージ化に取り組む。

つまり、Haskellノードに関連する開発を色々やっているという感じです!

CARDANO分散化

・バグの修正を行い、正確なブロックヘッダーサイズおよびブロックボディサイズ関数を導入(単純なspec関数に置き換え)。(当作業の残りとして、再ハッシュを避けるためにシリアライズのアノテーションを適用する予定)
・極めて重要なVRFチェックの最適化(毎回計算する代わりにln (1-f)を保存)を追加し、報酬計算においてステーク総数とアクティブステーク数を入れ替え。IOHK研究者の推奨に従ったものだが相対的ステークはパフォーマンスなど別の部分でまだ使用中。
・期限切れのノードを停止するメカニズム追加。現在最大主要プロトコルバージョンのグローバル変数が設定され、このポイントを超えたブロックは有効と見なされる。
・ステークプール登録パラメーターにオプションのステークプールメタデータおよびステークプールリレーを追加し、Shelley-ledger Haskellパッケージおよびモジュールに改称したほか、テストパフォーマンスに取り組む。

😇<「シリアライズ?アノテーション?VRFチェック?ln (1-f)?相対的ステーク?期限切れのノード?最大主要プロトコルバージョン?グローバル変数?ステークプールリレー?」

シリアライズ=複数の要素を一列に並べる操作や処理のこと。 単にシリアライズといった場合には、プログラムの実行状態や複雑なデータ構造などを一つの文字列やバイト列で表現する「直列化」を指すことが多い
アノテーション=データやプログラムの中に特殊な記法を用いて埋め込まれた付加情報のこと
VRFチェック=ルータの中に、なんちゃってルータを作る技術=1つのルータ上で独立した複数のルーティングテーブルを保持 できる技術
ln (1-f)=ファイルやディレクトリのリンクを作りだすコマンド
相対的ステーク=他との関係性から計算したステーク
期限切れのノード=停止するプール
最大主要プロトコルバージョン=たくさん使われているプールのシステムのバージョン
グローバル変数=コンピュータプログラミングにおいて全てのスコープからアクセスできる変数
ステークプールリレー=プールの中継システム

ということで、これも専門用語多めなので単語毎に説明されても辛いかもしれません、元の文書を言い換えますと…

・バグ修正して、正確なブロックの頭と胴体の大きさに関する関数を入れました。残り、再度のハッシュになることを避けるためにデータを圧縮するときに追加の情報をそこに埋め込むようにします。
・チェックにあたって、相対的に割り出す方法ではなく、関数を使って効率的に計算するようになりました。
・停止したいノードを停止できるようになり、あるポイント以上のブロックが有効になるとするようなシステムも出ました。
・プール登録するに当たって、その中継やメタデータが入れられるようにしました。

という感じです!

GOGUEN

・エミュレーターにトランザクション署名用のマルチエージェント効果を追加し、ウォレットAPIから署名関数を削除。
・未使用アウトプットとこれを生成したトランザクションの追跡を保持するチェーンインデックスを追加し、データ値を検索可能に。
・ステートフルチェーンフォロワープロトコルを疑似ノードに追加して直近のブロックのみに対するクエリを作成することを可能にし、毎回ブロックチェーン全体を送信する必要をなくした。
・追加的な述語を使用できるようにrunGuardedStepをStateMachineモジュールに追加。(実際にトランザクションを送信する前にチェック)
・MarloweチームはBlocklyのブロックの説明をよりコンパクトにする作業に取り組む。またMarlowe静的解析用にQuickCheckプロパティを追加し、コントラクトプロパティを証明するためにLiquidHaskell の使用量を調査。

😇<「??????????????????」

エミュレーター=特定のハードウェアやOS向けに開発されたソフトウェアを、本来の仕様と異なる動作環境で擬似的に実行させるためのソフトウェアのこと
マルチエージェント効果=各エージェントは他のエージェントや環境と通信しながら動作を行います。 エージェント同士が協調することで、単一のエージェントでは達成できない事柄をシステム全体として達成できます。
未使用アウトプット=残高
チェーンインデックス=チェーンでの検索指標
ステートフルチェーンフォロワープロトコル=ステートフルは、状態を保持するシステムやプログラムのこと。状態を保持してあげる仕組み。
疑似ノード
クエリークエリ(query)とは、英語で「問い合わせ(る)」、「訪ねる」などの意味を持つ英語の単語で、ITではソフトウェアに対するデータの問い合わせや要求などを一定の形式で文字に表現することを意味します。
追加的な述語
runGuardedStepをStateMachineモジュール=ガードがついたステップをステートマシンモジュールに入れるということ
Blockly=ブロックを組み立てるようにしてスマコンを作れるようにする仕組みのこと。
静的解析用ーソースコードを実行せずにソフトウェアの品質と信頼性の検証を行う作業
QuickCheckプロパティ-QuickCheck(クイックチェック)は、テストスイート用のテストケースを生成してソフトウェアテストを行うための、Haskellで書かれたコンビネータライブラリ
LiquidHaskell の使用量ーLiquid Haskell は GHC の型よりも、さらに厳密な 篩型 (Refinement Type) の型検査器です。

ということで、Goguenはことさらに、専門用語だらけなので単語毎に説明されても辛いかもしれません、元の文書を言い換えますと…

・テスト用ソフトで、署名用の複数プールでやることによる効果で、ウォレットと連携する機能から署名する機能を逆に削除できるようになる。
・残高と取引を追って紐付ける検索機能をつけた。
・「状態」を記録する仕組みを入れて、直近のブロックのみへのデータ要求作成をできるようにして、簡単にデータを取り入れられるようにした。
・取引を送る前にチェックする仕組みも追加した。
・Marloweは、スマコンを簡単に作れる仕組みの中のブロックの説明をより簡単にした。またコードをそのまま分析できるHaskellの仕組みを追加した。

という感じです!

以上です!

ということで今回、単語の知識を踏まえると、週次報告が少し読みやすくなるかなと思い、長々と解説させていただきました…

・ぜひ、今後もこのような記事を書いていこうかなと思っています、よろしければZZZ、KTN、JAPAN、JP、POPシリーズのどれかのステークプールへの委任より、CardanoZを応援してもらえますと嬉しいです!

・また、CardanoADA非公式オープンチャットコミュニティも、全体チャット上級チャット運営チャットにわかれ、より分散化が進みました、700名以上総計で参加されいます!テレグラムに近い、匿名で(LINE本アカウントを知られることなく)参加できるLINEのチャットです。とはいえ、まだできたでホヤホヤのコミュニティですので、いざこざもたくさん起きていますし今後も起きます。その度に都度ルール等を改善してまずは日本最強のクリプトコミュニティにして行きたいと思います😄

それではまた!

2020/3/14チャールズアップデート:来日、CCCIスタート、真実情報ソース、不正確な開発活発度測定について

・不正確なCardanoプロジェクトの開発活動収集方法が多くのサイトで行われていることは困ったものだ、 CardanoUpdateというサイトが正確なのでそっちをみてください。 通常のプロジェクトが1年で行うコミット数を1週間で行なっている場合もある。
・次の数ヶ月でCardano財団のホームページが変わり、1つの真実情報ソースとして機能するようにする。ガバナンス、プール、などどんどんやっている。
・今月末にまた各々のプロダクトマネージャーから連絡があるだろう。
・Goguen、Plutusチームもスマコンをテストネットで簡単に作れるようにしている。アップデートもあるだろう。
・Basho、Hydraのブログ記事やビデオも近く出てくる。
・Voltaireのプロダクトマネージャーも次月ぐらいから参加するだろう。
・CCCI:カルダノコマーシャルクレイティカルインフラストラクチャーも出てくる。他の通貨に対する優位性が示される。来月ぐらいに出てくる。
・Difiのステーブルコインに関する部分も検討している。
・いろんなアイデアを募集している。
・取引所ステーキングのインフラについて対話している。レジャー統合についても対話している。
・追加のセキュリティ分析を行なった最後のOuroboros論文も出てくる
・プリズムに関するプレゼンもシェリーのローンチで行うだろう。
・京都イベントはおそらく、オンラインカンファレンスとなるかもしれない。しかし日本コミュニティは極めて重要でありカルダノ発祥の地であり最も優れた国の1つであり、日本コミュニティの5年の忍耐と信念に敬意を払いたいため、イベントを京都でやるやらないにかかわらず、私はシェリーのローンチのため京都へ行くつもりだ。

ということで、本日、用事もあり取り急ぎの共有ですがこのようになります、また、後日見返して、記事内容をアップデートします!

「不正確なCardanoプロジェクトの開発活動収集方法が多くのサイトで行われていることは困ったもの」というのは本当に気をつけてください。有名なクリプトインフルエンサーも、この誤った情報ソースを引用してCardanoを過小評価していたりします。

また、チャールズの日本重視の姿勢も本当に嬉しく、賛否両論あるかもしれませんが、京都ローンチイベントはオンラインになるようですが、チャールズは何がなんでも日本の京都に来たいようです…みなさん京都への旅費をしっかりステーキングで稼いで、またコロナウイルスをチャールズさんに間違ってもうつさないように万全の体調管理をお願いします!!!😂

・ぜひ、今後もこのような記事を書いていこうかなと思っています、よろしければZZZ、KTN、JAPAN、JP、POPシリーズのどれかのステークプールへの委任より、CardanoZを応援してもらえますと嬉しいです!

・また、CardanoADA非公式オープンチャットコミュニティも、全体チャット上級チャット運営チャットにわかれ、より分散化が進みました、700名以上総計で参加されいます!テレグラムに近い、匿名で(LINE本アカウントを知られることなく)参加できるLINEのチャットです。とはいえ、まだできたでホヤホヤのコミュニティですので、いざこざもたくさん起きていますし今後も起きます。その度に都度ルール等を改善してまずは日本最強のクリプトコミュニティにして行きたいと思います😄

それではまた!

2020/3/12 チャールズアップデート-恐怖に囚われず、存在意義とファンダを見つめ、冷静な対応を

最近の市況は非常に辛く、それはクリプト界だけではなく全領域にわたっている。非常に重要な経済イベントが起きており、クリプトを含む全てのマーケットが不安定化している。

非常に重要なのは、一歩下がって、ファンダメンタルをみること、そしてどこへ向かおうとしているのか、確認することだ。

この前、とても貴重な製品を受け取った。グリフィンバッテリーという特別なバッテリーだ。これは素晴らしい製品で、多くの科学が反映されている。速く、長持ちで強力であり、強いファンダメンタルを持っている。

今は恐怖とパニックの時がきているが、 恐怖は現実よりも遥かに悪い。

私たちのテクノロジーはまさにグリフィンバッテリーのようなものだ。私たちは日々そのために働いている。何が起きてもクリプト界は生き残るし、Cardanoは生き残るだろう。

投票・富のコントロールの新しい方法を提案するためのプロジェクトであり、日々のトレードで勝つためのプロジェクトではない。

アインシュタインは、今日の問題は今日の頭では解決できない、と言っている。つまり今起きている経済の問題は、今までの方法では解決できない、だから我々クリプト産業がある。

私たちは同じような価格崩壊を見たが、まだここにいてその時よりもさらに強くなって開発を続けている。

そもそもなんのためにここにいるのですか?ファンダメンタルはなんですか?第一原則はなんでしたか?というものを見つめ直すときがきている。

ドルでエグジットするためですか?年に10%のリターンを得るためですか?

私たちは、世界を変えるためにいます。 私もエンジニアもコミュニティもそのためコミットしています。

恐怖とパニックは最も悪いものです。恐怖とパニックに囚われないでください。

以上です!

上記のチャールズさんの演説を数字で裏付ける1つのデータがあります。Cardanoは全通貨1位の開発活発度で、ETHの2倍の数値を示しています。

ファンダメンタルを見つめれば、Cardano以上にマッチョなプロジェクトはなかなかお目にかかれません…また、上記の演説からもそもそものビジョンが全くブレていないことも、伝わってくると思います。

「楽観視しろ!」というわけではありませんが、過度に恐怖に翻弄されず、冷静に状況を受け止め、ファンダを分析してください。

・ぜひ、今後もこのような記事を書いていこうかなと思っています、よろしければZZZ、KTN、JAPAN、JP、POPシリーズのどれかのステークプールへの委任より、CardanoZを応援してもらえますと嬉しいです!

・また、CardanoADA非公式オープンチャットコミュニティも、全体チャット上級チャット運営チャットにわかれ、より分散化が進みました、700名以上総計で参加されいます!テレグラムに近い、匿名で(LINE本アカウントを知られることなく)参加できるLINEのチャットです。とはいえ、まだできたでホヤホヤのコミュニティですので、いざこざもたくさん起きていますし今後も起きます。その度に都度ルール等を改善してまずは日本最強のクリプトコミュニティにして行きたいと思います😄

それではまた!

2020/3/11チャールズアップデートIOHK5年記念,Shelley,Hydraの流れ

ということで、概要こちらです!

・IOHK5年目の誕生日
・Byron再起動の時期:今月
・Byron再起動の具体的日付:すぐ
・Haskellテストネットの日付:Byron再起動実施後すぐ
・Shelleyメインネットの開始見込2ヶ月期間:Haskellテストネット実施後すぐ
・Hydraもロブコーエンが責任持ってやる。カルダノエフェクトで説明もする。ブログ記事も出るだろう。:たくさんのヘッドが作れて、宣約制度とも整合しプールとも親和し、 Cardano特有のPlutus拡張Utxoなどがありコピーが困難であり、相互運用にも優れているシステム。
・Byron再起動のブログ記事も出る。
・R9B報告書も公開版が出る。
・コロナ等により高いボラティリティが生まれていることも気づいているが、クリプトの重要性がかえって強調されている。クリプトの逆襲は近い。

以上です!よりShelleyやBashoに関して具体的になったなという印象です!これらのアップデートに関連して、最後5つご連絡です。

①まず、Hydraの仕組みについて、かなり突っ込んで書いた記事を作りました、もしかすると今現在、IOHKがまだブログ記事やビデオを出していない現在では一番分かりやすく説明している記事かもしれないという自負があります、これはぜひチェックしてください!(なお正確性は1mmも保証できません!)

②次にIOHK5周年記念ということで、日本語でも良いので、以下のツイートにおめでとう!とか打っておいてください!

よろしければこの画像もうまいこと使ってください😄日本コミュニティの存在感を、cardanoエコシステムのトップにアピールしておきましょう!

③また、「shelley/goguenの実装後はcardanoの批判者はこのようになります」とチャールズさんがおっしゃっていますが、これはそうなるかもしれません。ただ同時に私が思ったのは、これぐらい極端に Cardanoプロジェクトそのものを否定する日本人をほとんど見かけないな、というのが思っています。

https://twitter.com/yuta_cryptox/status/1237758461993037825?s=20

④ここでは、半減期でマイナーの採算が悪化することでセキュリティも低下するかもというようなツイートに、ゲフンゲフンPOS…と突っ込まれているところです😄POSは単に地球環境に優しいだけではなく、セキュリティの向上も採算面で意味している可能性があります…正直さらに採算がよければ追加のファイアウォールを敷いたり、サーバーの追加のセキュリティオプションを契約したりできますし、採算が悪ければもっととにかく安いサーバーに変更せざるを得ませんので、これはオペレータをやっている私自身も納得です。

https://twitter.com/yuta_cryptox/status/1237757739675324417?s=20

⑤以上です!が、後、本当に最後に、いつも恒例の2つのお願いをさせてください😄

・ぜひ、今後もこのような記事を書いていこうかなと思っています、よろしければZZZ、KTN、JAPAN、JP、POPシリーズのどれかのステークプールへの委任より、CardanoZを応援してもらえますと嬉しいです!

・また、CardanoADA非公式オープンチャットコミュニティも、全体チャット上級チャット運営チャットにわかれ、より分散化が進みました、700名以上総計で参加されいます!テレグラムに近い、匿名で(LINE本アカウントを知られることなく)参加できるLINEのチャットです。とはいえ、まだできたでホヤホヤのコミュニティですので、いざこざもたくさん起きていますし今後も起きます。その度に都度ルール等を改善してまずは日本最強のクリプトコミュニティにして行きたいと思います😄

それではまた!