Cardanoでどうやって遊ぶことができますか?
入手/保管
どうやってADAを手に入れてどうやって保管すればいいか、本当に重要なポイントに力点をおいて簡潔にお話しします。
ステーキング/税金
どのようにテストネットステーキング・メインネットステーキングに参加できるのか、それは安全なのか、税金は国税庁のどこが参考になるか、お話しします。
調査/コミュニティ
どのようにして最新の情報を手に入れることができるのか、Cardanoコミュニティと交流するにはどこが最適か、お話しします。

1 GET


.
ADAの入手方法を話します。シンプルですが操作を誤ると資産を失いますので慎重にお願いします。

1 ADAを扱っている取引所を選びます。


.
ADAは現段階では分散化前であることもあり日本取引所では入手できず海外の取引所から入手する必要があります。

そのため、海外のどこの取引所でADAを買うか、選ぶ基準を決めます。私でしたら、
・信用あること(多くの取引所が予告なしに閉鎖・資金封鎖してます)(例:当取引所通貨が時価総額の上位であることやTwitterGoogle等での評判)
・日本人口座開設OKであり、ADAの取引量も多いこと(コインマーケットキャップ等からチェックします。取引量が少ないと驚くほど不利な取引になる可能性が高いです)
・取引手数料はどうか/板取引か否か等々…他にも厳密には判断材料るが、①その他の上の条件の方が数百倍重要②デイトレをしたいわけではない、のであまり考えない

私は、上記を考慮して「Binance」を選びました。
もし、あなたもBinanceで取引をしたい場合、以下のリンクから登録できます。
以下のリンクから登録すると、私にBinaneから少しだけ紹介手数料が入り、このサイトのサーバー代・ドメイン代を充当しますので、もし、このサイトを気に入って下さったらこのリンクから登録してもらえると嬉しいです。
(もちろんあなたにデメリットはありません!)
Binance口座をこのサイトを支援しつつ開設
もしこのサイトにはそれほど価値がないと思うんだよなぁという場合はGoogle検索して探して入る形になります。
なお、Binanceの偽物サイトも多くありますのでそれが本当にBinanceのサイトか信頼できる情報源から慎重に確認してください。

2 日本円を入金できる取引所を選びます。


.
再び、選ぶ基準を決めます。
・信用あること
・日本人OKの取引所で、ビットコインの取引量も多いこと(コインマーケットキャップ等からチェックする。取引量が少ないと驚くほど不利な取引になる可能性が高いです)
・取引手数料はどうか/板取引か否か等々…他にも厳密には判断材料るが、①その他の上の条件の方が数百倍重要②デイトレをしたいわけではない、のであまり考えない

とは言え、指値注文できた方が良いので、ビットバンクあたりはかなり無難かもしれません。

3 日本円を入金できる取引所に日本円を送り、それをビットコイン等に変えて、ADAを買える取引所に送り、ADAを買う。


.
これは読んで字のごとくです!

2 Use/Hold


.
ちょくちょくハッキングされ閉鎖する取引所に置きっぱなしは極めて危険です。

1 DaedalusまたはYoroiのどちらか好きな方を選んでダウンロードします。


.
Cardano公認のDaedalusまたはYoroiへ移動させます。

Yoroiは軽量で使いやすくスマホアプリもありますが、Daedalusはありませんので、特にこだわりがないのであれば、Yoroiへ送るのが便利かも良いかもしれません。
・一方、Daedalusの方がフルノードであることから、また、IOHKが直接作成しておりアップデートも速いことから、若干だけ安全度が高いとも言えるので、長期保有をする人はDaedalusが良いかもしれません。
私は長期保有するつもりで、かつ、デザインがDaedalusの方が好きだったのでDaedalusに入れています。

2 ダウンロードしたら画面に出てくる指示通りに進めて、途中で出てくる「リカバリーフレーズ」の保管方法を考えて慎重に保管します。


.
「リカバリーフレーズ」がすべてで、これを亡くしたり盗まれると全財産を失い誰も助けられないため、本当に慎重に管理方法を考えます。ヒントを話しますと、

・スクリーンショットでとってスマホ/ドロップボックス等に保管は本当に狂気の沙汰ではありません、おそらく数年以内にすべて失います!
・複数箇所に保管する必要があります。1箇所だけに保管しておくと、それを火災や地震等で失ったり、そこに保管していることを忘れるとすべてを失うからです。
・私の考えでは、1箇所に全フレーズを保管するのも危険です。それが奪われるとすべてを失うからです。暗号通貨は分散しているから安全でした。当然にフレーズも切り分けて、管理した方が良いでしょう。
・災害大国の日本です。家にあるものはすべて全焼する可能性がある前提で考えましょう。家のあちこちに分けてフレーズを保管しておいても危険です。信頼できる実家に、フレーズの一部(全部ではなく!)を保管しておくのはありかもしれません。

3 取引所からDaedalusまたはYoroiへADAを送ります。


.
これも出てくる画面の通りに行えば問題ないはずです。
それほど時間は掛からずADAが着金します。

4 さらにセキュリティを強化したい場合、ハードウォレットかペーパーウォレットへ残高を移します。


.
DaedalusまたはYoroiがネットに繋がっている状態の場合、何らかのハッキングを受ける可能性もありえます。大量のADAを保有されている場合は、できる限り最高レベルのセキュリティを持ちたいと思うかもしれません。
その場合、市販の正規代理店(誤った店のものを使うとハッキングされます!)のハードウォレットもしくはそれを買いたくない場合DaedalusまたはYoroiにあるペーパーウォレット作成機能によりペーパーウォレットを作成すれば、ネットに繋がっていないかなり安全な環境にADAをおくことができます。

これもリカバリーフレーズは何れにせよ保管しなければならない点、ハードウォレットを扱う場合、そのハードウォレットが本当に問題ないか、信頼できる会社か等考えなければならない点に気をつけてください。

3 事故/詐欺一覧


.
結論からいうと、ADAの安全さは極めてシンプルです。「あなたがリカバリーフレーズ・送信先」をしっかり管理できていれば安全、それ以外は危険」です。
これから私が知りうる、または起こりうると思われる事故・詐欺一覧を記載しますが、それはあくまでも一例に過ぎず、起こりうる事故や詐欺のやり口は無限大に考えられますが、本質は「あなたがリカバリーフレーズをしっかり管理できていれば安全、それ以外は危険」です。
以降読む時間がない人も、「あなたがリカバリーフレーズをしっかり管理できていれば安全、それ以外は危険」、だけ本当に再確認してください。

(1)取引所が閉鎖・口座凍結・送金渋りしてADAを失う

消滅理由:あなたは「プレイベートキーを管理」していませんでした。したがって失うことも当然あり得ます。
事前対策:取引所にADAは置いておかないこと・ADAを取得する際は信用のある取引所へ行くこと
事後対応:取引所に返還をメール等文書で求めたのちに、弁護士・警察等の応援を要請を検討します。

(2)ADA以外のBTC等のアドレスにADAを送ってしまう、間違った人にADAを送ってしまう、文字の見間違い(O(オー)と0(ゼロ)で誤ったアドレスに送ってしまう)

消滅理由:あなたは送信先を誤りましたので、ADAは失われます。
事前対策:取引先アドレス登録機能を使うこと、アドレスは手入力は絶対にせず「コピーペースト」で行うこと
事後対応:誤った送金先が判明している場合は、そのさきに謝罪と返還要請をします。返還要請の際は「申し訳ありませんが返還いただかない場合警察に通報させていただく運びとなります、もちろん、変換いただけましたらそれなりの謝礼を送らせていただきます。」と誠意・牽制・報酬の連絡を入れることも検討してください。

(3)プレイベートキー(リカバリーフレーズ)が盗まれた、教えてしまった(紙媒体・クラウドにスクショを残していたら盗まれた、等)

・「サポートします」系
対面で、Daedalusのサポートをします、といいながらADAをそっとPCから送金させる。ネットで、サポートしながらさりげなくリカバリーフレーズを聞き出す。Daedalusの入ったパソコンを預けてください、と行って抜き取る(後で行っても告訴も難しく、ハッキングされた、と主張される、契約書も期日もないので詐欺とも立証できない)

・「ハッキング」系:
リカバリーフレーズをメール・LINE添付→アカウントを乗っ取られるとわかる。フリーWi-Fi→盗聴するとわかる。

消滅理由:あなたは「プレイベートキーを管理」していませんでした。したがって失うことも当然あり得ます。
事前対策:プライベートキーは分散管理しましょう。前フレーズを1カ所に置いておくとそこが破られると盗まれます。どんなに信頼してもリカバリーフレーズだけは絶対に教えない、対面のサポートは危険なので避ける、間違ってもメールやDropboxやLINEは避ける、フリーWifiにつなぎながらリカバリーフレーズは入力しない
事後対応:速やかに別のウォレットを作りへADAを全額移します。間に合わず盗まれたら警察等の通報を検討します。また、可能であれば私やCardano財団、IOHK等にも連絡を入れてください。

(4)プレイベートキー(リカバリーフレーズ)をなくした(地震火事でメモした紙とパソコンが消失した、どこに管理していたか忘れた)

消滅理由:あなたは「プレイベートキーを管理」していませんでした。したがって失うことも当然あり得ます。
事前対策:災害により、一部の建物は全焼し消え去る可能性がある前提で管理します。また、自分自身が管理場所を忘れないように、工夫が必要です。
事後対応:できることはほぼありません。

(5)詐欺師へ送金させる詐欺

・「ADA増やせます」系:
何回か遊んだり飲みに行ったり信頼関係を築いたのちに、増やせるよ、と誘われ、投資の師匠を紹介、最後に鬼のように急かされADAを送金、返されない。
・「なりすまし」系:
チャールズ・ホスキンソンやKatsumotoなど公式アカウントになりすましてADAやETHを送ってくれというアドレスに送金。
・「ADAの委託の委託」系:
プールが100個以上あってどれがいいかわからない…場合ここのアドレスにADAを送ってください、最新のアレゴリズムで最も収益の高いプールに自動でステーキングします、というもの。これはいくつかの点で非常に危険。①そもそもADAを送金しなくてもステーキングできる②本当に収益率の高いプールに次々と変えると委託手数料がかかるので有効性は低い可能性が高い(最初から、ここが高いよ、と教えてもらえればいいはず)③ADA自体を委託するのは投資信託にも該当してくる可能性が高く金商法の規制等にも関係する可能性があるため合法性がそもそも怪しい。
・「節税のためADA送ろう」系:
ADAをここに送れば節税されます、というもの。私の私見では、このような「国税庁・税務署を騙して穴をついて節税できる」というのが本当に節税できるスキームである可能性は鬼のように低いです。国税庁・税務署にいる日本最高峰レベルの数字の税務のプロ達はそもそもバカではないし、「それって結局税金を不正に逃れようとしたスキームにすぎないよね」と第三者的に見て明らかであれば税務署のにはほぼ勝てません。
・「先行ステーキング」系:
裏口で先行者ステーキングを実施してます…などというもの
・「テストネットADAの受け取りのため本物のADA送れ」系:
これは本来そんな必要がないので詐欺です。

消滅理由:あなたは送金先を誤りました。したがって失うことも当然あり得ます。
事前対策:「その話が本当であれば、人に言わなくてもいい」というものは大体詐欺です。トヨタやAppleやウォーレンパフェットの利益率を超える利益率が保証された何かがあるのであれば、トヨタもAppleもウォーレンパフェットもそれをやればいいですよね?その人物は世界中の時価総額上位の大企業やウォーレンパフェットより偉大な人物でしょうか?これが数ヶ月にわたり濃厚な人間関係を作った後にこれが起きることがあることにも注意です。また、そもそも自分のリカバリーフレーズの有りか、管理方法を教えない/SNSに書かないというのも重要です。
事後対応:適切な規制当局へ通報を検討します。また、可能であれば私やCardano財団、IOHK等にも連絡を入れてください。

(6)Daedalus/Yoroiのステークプール事業者一覧画面の事業者URLに、詐欺師のアドレスやパスワードを入力させる詐欺

個人的にはこれが結構危ないのではないかと考えています。
プール事業者になり、DaedalusやYoroiの一覧に載ること自体はデポジットもかからず、しかも中央集権ではありませんのでIOHKやEmurgoのチェックが入るわけではないため、非常に簡単です。
そこの一覧に記載されたURL先で、200%裏口ステーキングがこちらのアドレスにADAを送るとできます…とか、リカバリーフレーズを教えてくれたら利率20000%のステーキングができます…とか意味不明なことが書かれている可能性もあり得ます。
DaedalusやYoroiのプール事業者一覧に載っているというだけで、ちょっと安心してしまう人も多いと思いますので、この詐欺は今後グッと増える予感がしています。
DaedalusやYoroiのプール事業者一覧に載ること自体はいかなる詐欺師・犯罪者であっても可能ですのでこの点には本当に注意してください。
(もちろん、その一覧に載ってる詐欺師のプールに適切にDaedalusもしくはYoroiを通じてデリゲートすれば、詐欺師にADAが取られることはありません、ただ、真面目にプール運用してなければ報酬が発生しないだけです。あくまでもADAが盗まれる危険あがあるのは、リストアップされたプールのURL先での詐欺です。)

消滅理由:あなたは「プレイベートキーを管理」していませんでした。したがって失うことも当然あり得ます。
事前対策:DaedalusやYoroiのURL先はIOHKもEmurgoも保証していないことに注意してください。。
事後対応:規制当局への通報を検討します。また、可能であれば私やCardano財団、IOHK等にも連絡を入れてください。

(7)コピペするときに、コピペするアドレスをすり替える詐欺

これは、知識のある人でも引っかかる可能性のある、かなりの盲点を突く詐欺です。
送信先アドレスをコピーして、それをウォレットの送金アドレスにペーストし、これは完全に間違いようがないので、即送信!とやると危険です。
最近は、このコピーしたはずのデータを詐欺師のウォレットアドレスにすり替えてしまう「トロイの木馬」という詐欺があるようです。
たとえコピペでも、送信後に、アドレスを目視確認することが重要です。

消滅理由:あなたは送信先を謝りました。したがってADAを失います。
事前対策:コピペ後も、コピペしたアドレスが本当に送信したいアドレスになっているか。確認する。
事後対応:規制当局への通報を検討します。また、可能であれば私やCardano財団、IOHK等にも連絡を入れてください。

重要な話なので、再度まとめます。

・結論「リカバリーフレーズ・送金先」の2つを(たとえコピペでも)管理すること
・数ヶ月来の親友の付き合いで、悩みも愚痴も語り合える仲の人間であって、もうこの人になら騙されてもいい…ぐらいに信頼していたとしても、あなたのADAの「リカバリーフレーズ・送金先」を動かそうとした瞬間には即時に懐疑心を限界まで高めること。
・Daedalus・Yoroiの事業者一覧のURL先は誰の保証もないこと。

他に事例がありましたら教えてください(もしくは起こっていないとしても、こんなことも考えられるな、でも構いません)!こちらの一覧に反映して、可能な限り網羅的な一覧にし、ADA保有者の資産を守れればと思います。

テストステーキングについては近々に情報が出されましたら更新します。
DaedalusかYoroiに必ず入れて待っていてください。取引所等に入れたままでは参加できません。

また、ステークプールも運営予定ですので、こちらのサイトもよろしければご覧ください。

税金については国税庁のマイニングのページが参考にはなります。これも詳しいところは調べて情報を更新します。

どうやって、情報を集め、コミュニティメンバーと繋がるのが良いでしょうか?

結論としては、どれぐらいのレベルの情報まで興味があるのか、という「興味レベル」次第です。

Level1:ステーキング開始など最低限知った方がいい情報だけ知りたい

チャールズIOHKCardanoFoundationEmurgoのTwitterをフォロー。
通知がいくようにしておきましょう。最低限の情報はこれでだいたい集まります。

Level2:公式発表以外の情報、日本のコミュニティの温度感や分析、何に注目しているか、も合わせて知りたい

日本テレグラム
たまに見ておきましょう。公式の発表だけでなく、公式発表の段階にはないけど微妙にあるよーっと以前チャールズさんが匂わせたものも、そろそろあるか?みたいな話も出てきたり、日本コミュニティの反応を観察したり、よくわからないことは質問したりできます。

Level3:ニュースを見逃さないようにしたい

英語テレグラムフォーラム公式Facebook
この3つまでフォローすれば、ほとんどのニュースを見逃すことはないでしょう。特に英語テレグラムは情報が日本テレグラムの数十倍速い印象があります。

Level4:平均的なADA投資家レベルまで広く知っておきたい

公式HPロードマップ 。
深入りするつもりはないけれど、ADA投資家としては正確な知識をつけておきたい、という場合はこの2つを抑えておけば良いかもしれません。

Level5:普通のADA投資家よりかは高いレベルで知っておきたい

レディットEmurgoブログ
コミュニティ・Emurgoのやや深い考察が落ちていますので、ここをフォローしておくと良いかもしれません。

Level6:オタクレベルで知りたい

ホワイトペーパーYOUTUBEIOHKブログ記事
ちょっと周りから白い目で見られるかもしれないレベルで知りたい場合はこれらを知っておくと良いかもしれません。
ホワイトペーパーは、これは技術的に難しいことは書かれてませんが、哲学書のように味わい深いものになっています。たまに知識レベルが上がってから読み返すと新たな発見がありますl。
YOUTUBEは英語が厳しい人は日本語翻訳設定して0.5倍速にして聞きましょう。
IOHKブログは見逃されがちですが、教授が書いていたりするので非常に高度でいながら、なるべく簡単に書かれている記事が並んでいます。

Level7:普通のカルダノオタクより、少しテクニカルなレベルまで最新情報を首を突っ込んで知りたい

週間技術アップデートカルダノアップデートAMA
かなり専門的になってくるので厳密に理解できなくても問題ありません。
Googleなどで検索しながらすこしずづ理解していきましょう。

Level8:すべてを知りたい

IOHKの論文GithubTestnet
・学術ベースなので、論文を読む
・オープンソースなので、Githubを読む
・コミュニティ協力型でテストネット実施しているので、Cardano を理解しながらCardanoの開発にも貢献する

ここまで行けばCardanoの知りうるほぼすべて把握することができるでしょう。

ただし、極めて専門的で内容は難しいです。
そこで、手前味噌で恐れ入りますが、可能な限り興味レベル8まで情報を網羅してわかりやすく解説しているつもりですので、このホームページと私のTwitterもフォローしてみてください!

・CardanoZ(このホームページ)
私のTwitter

以下も、興味に応じてチェックしてみてください。
公式サポート
公式ダイダロス
公式エクスプローラ
公式決済層の説明書
公式ステーキング説明書
上場先一覧(CMP)
Genesis Block
Genesis Block分配
プレセール監査
外部エクスプローラ-ADACHECK CLIO ADASCAN

©️CardanoZ