Shelleyまでの具体的ロードマップ(6STEP)遂にチャールズにより公開…!!🔥

後ほどビデオ作成します、まずは概要まで!

あなたのTODO

ダイダロスユーザーであればSTEP3でチェック、STEP4で新しいダイダロスインストール、STEP5で委任を行えばOK。

6STEPロードマップ

STEP0:2017年9月:バイロンリリース:フェデレートモード:コアコンセンサスノードがあってブロックを作っている。:財団、エマーゴ、IOHK。
STEP1:バイロン再起動:橋渡しコード込。3月31日に最初にでた。OBFT=Byron:来週にダイダロスが引き続きでてくる。これはSTEP2、STEP3とも並行される。
STEP2:ハスケルテストネットープール編(very soon(内部テストは進行中))
STEP3:ハスケルテストネットーバランスチェック編:メインネット残高+テストネットリワード:これが終わったらITNが終了する。取引所もこれで全てのテスト。
STEP4:シェリーアップグレード:100%Byronノードだがそれ以外はシェリー。人々も取引所もアップグレードの必要がある。かなり進んだと判断されればハードフォークを「トリガー」する。もしアップグレードしないとするまでロックされる(取引所も)。マッキャンのデザインでcardano.orgドキュメント書き直す。
STEP5:シェリーハイブリッド=3社コアノード(無料)+プールの両方で認証する。ネットワークの状況やテストネットの状況に対応してdパラメータは0へプールが全てとなるように調整されていく。
STEP6:d=0ー完全な分散化の達成(ハードフォークコンビネーター)

補足

・エポックは4−5日ごとが考えられる。
・このdパラメータが0.1ごとにエポックごと減っていく場合は2ヶ月ぐらいこれにかかることになる。
・ステーク率はテストネット40%、トロンは30%、テゾスは60%、この辺りを加味する
・各々の段階は数ヶ月単位ではなく数週間単位レベルで、進行したい、STEP5は1ヶ月ぐらいで早いと思われる。
・Goguen/Basho/Voltaireも並行開発

・ぜひ、今後もこのような記事を書いていこうかなと思っています、よろしければZZZ、KTN、JAPAN、JP、POPシリーズのどれかのステークプールへの委任より、CardanoZを応援してもらえますと嬉しいです!

・また、CardanoADA非公式オープンチャットコミュニティも、全体チャット上級チャット運営チャットにわかれ、より分散化が進みました、700名以上総計で参加されいます!テレグラムに近い、匿名で(LINE本アカウントを知られることなく)参加できるLINEのチャットです。とはいえ、まだできたでホヤホヤのコミュニティですので、いざこざもたくさん起きていますし今後も起きます。その度に都度ルール等を改善してまずは日本最強のクリプトコミュニティにして行きたいと思います😄

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です