Byron再起動で何が起こるのか、何が革新的なのか、マーケティング担当Tim氏の動画解説

ということで、Youtubeにて私から翻訳、概要解説をさせていただきました!

さらに文書でも概要はこちらです。

概要:

・IOHK開発チームによる約18か月の作業、バイロン時代を完全に新しいコードで書き換え、カルダノのビジョンを提示した正式で数学的に証明可能な仕様に沿って、証拠に基づくソフトウェア開発方法論に従って開発。将来のカルダノ開発をこれまで以上に俊敏性と拡張性を高める新しいモジュール式アプローチを導入。コンセンサス、ネットワーキング、レジャー全てがブロックチェーンプロジェクト中最高峰の保証。
・Daedalus更新:メインネットで現在利用可能なすべての機能を提供+多くの改善( Yoroiウォレットサポート、トランザクションフィルタリング、並列ウォレット復元)
・テスト用メインネットDaedalusも登場:更新同時に、テストできるように、新バージョンのダイダロスも公開。メインネットに期待するようになったセキュリティの標準を維持しながら、Shelley時代のより高度な機能のいくつかをテスト可能。
・新しいエクスプローラの実装サポート。
・Adrestia(近い将来、これについてさらに詳しく説明する予定)も登場。取引所とサードパーティのウォレットはカルダノネットワークに簡単に接続可能。
・メインネットのシェリー時代の基本的なコード含む。:メインネット全体のCardanoコードベースと、シェリーがもたらす機能(ステーキング、委任、そしてもちろん分散化など)の移行の始まり。完了すると、Haskell Shelleyテストネットのロールアウトを開始し、ITNからステークプールオペレーターを参加させる準備が整う。

・ぜひ、今後もこのような記事を書いていこうかなと思っています、よろしければZZZ、KTN、JAPAN、JP、POPシリーズのどれかのステークプールへの委任より、CardanoZを応援してもらえますと嬉しいです!

・また、CardanoADA非公式オープンチャットコミュニティも、全体チャット上級チャット運営チャットにわかれ、より分散化が進みました、700名以上総計で参加されいます!テレグラムに近い、匿名で(LINE本アカウントを知られることなく)参加できるLINEのチャットです。とはいえ、まだできたでホヤホヤのコミュニティですので、いざこざもたくさん起きていますし今後も起きます。その度に都度ルール等を改善してまずは日本最強のクリプトコミュニティにして行きたいと思います😄

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です