2020/3/24-チャールズ声明、今までの遅延と期日、Byron再起動は過去最大のリリースになる点について

ということで、声明が出ました、今回は、動画のほうで補足解説させていただきます!また動画見る時間が、という方のためにチャールズさんの声明の概要も文書で載せてますのでこちらご確認ください。

概要:

レディットでそういう声を聞いた。私たちは透明でオープンなのでその声に答えよう。
すぐリリースされるバイロン再起動とは何か?
18ヶ月の研究のコンビネーションだ。
今までの研究の歴史となぜそこまで長くかかったのか話そう。
Cardanoは科学のプロジェクトだ。
科学は予測できず、そして時間がかかる。
コロナのワクチンがすぐ出てこないのはなぜか?それと同じだ。
Cardanoは他のプロジェクトの模倣では一切ない。
BTCがETHやEOSやテゾスという選択肢があるのに単に良い元帳良いコンセンサスの仕組みであるだけならば3,000ある暗号通過の1つになってしまい、どうやってトップになると言えるのか?
私たちは研究を基礎にするという第一原則から2015年にスタート、つまり、すぐ、というものはない。
元帳とはなんですか?
アカウントシステムとはなんですか?
どうやってスマートコントラクトを書きますか?
何が要件ですか?
数学的なプロセスを踏んでおり、それは遅く、みんなそれを知ってて入ってきているはずだ。
そして私たちはピアレビュー、根拠ベースのソフトウェア、構造やどのようにしてクリプトを作るか…これらを2017年にまで多くを学んだが、しかしながら10年20年も待つのは考えられないことだ。
したがって、2017年に私たちは2つのアプローチを行うことにした。
フォークハスケルビットコインのチームを雇ってウロボロスにした。これはインセンティブテストネットで今行っているようなバージョンだ。2015年の9月にバイロンリリースを行った。これはサラシュ氏のチームだ。
well-typedのダンカン氏の率いるチームが科学第一原則の完全なクリプトを並行して作っていた。
これらは残念ながら全てが思い通りではなかった。
2018年は安定化に向けてずっと動いており、2018年の9月に、ラストのプロジェクトを始めた。これは高速でありながら、できるだけ当初の設計に近いものを作るアプローチだ。
これは2019年、インセンティブテストネットとして成功した。すでにこれは分散化された安定したものとして機能している。
そして集大成がバイロン再起動だ。これは単なるリリースではない。今までで最大のリリースだ。
別のコードベースを使用することはよくなかった。
競合を見ても、数億ドルを失うハッキングなど、大きな問題を抱えている
大企業の大規模なプロジェクトは10年にわたる遅延が起きる。それはティムクックが演説するまではあなたは目にすることもできない。
私たちが作るものはGithub、論文、全てのプロセスは見える。
どうやって科学に基づく、根拠に基づくソフトウェアを作るのか、今まで魔法のカーテンの裏側にあったものが見えるようになる。
Haskellそれ自身でさえ、改良が必要だった。悪いライブラリやHaskellがJavaやWebアセンブリーとうまく連携させる必要、WindowsとHaskellを連携させる方法、これらには2年もかかった。
これに時間をかけている人々はベストなキャリアの時をこれにかけている。
Githubを見れば週末や休日にも彼らがベストキャリアをCarda noに費やしているのがわかるはずだ。
去年の11月には誰もどうやってネットワークがコミュニティとして機能するのかわかっていませんでしたが、今や1000人もの人が参加してプールとして参加し、ビデオを作ってと言ったらどんどんきている。
批判者は1つの論文でさえ引用して批判できない。
今や非常に機能している。
時価総額で全て、考えている人々がいる。彼らは気にしない。彼らはプロジェクトに何も貢献していないし彼らと何か構築したいとも思わない。彼らはまた数年後別のプロジェクトの批判に忙しいだろう。
原則と同時に、100万のTPS、安全なPOSにたどり着いた。これは驚くべきことであり些細なことではない。
私を信頼する必要はない、コードはそこにあり、論文もそこにある。700以上Ouroobosクラシックは引用されている、引用されるだけの価値があるからだ。
今どうやってリリースするかだけではなく今後数十年を考える必要がある。
Byron再起動は高速ロードマップと遅いが数学的根拠に基づくロードマップが統合されるイベントでありすぐやってくる。シェリーもゴーグエンもすぐくる。
あなたはリアルタイムで良き科学を行っていることを確認でき、良いニュースはそれが終えたことだ。
5年の輝かしい信じがたく困難な考えが分散化社会に刻まれている。
20カ国以上のチームが集結します。100人以上のコード。
GUIシステムであるダイダロスは非常に複雑なシステムだ。Haskellノードもそうだ。
ヨルムガンドもHaskellも非常に複雑な新しいネットワークだ。
市場に出すために数十億にの潜在的な設定でテストする必要があった。
Windows Linux Mac全てのシステム、全てのハードウェア、全てのネットワークを設定する。
これらがうまくいかない場合はツイッターかレディットへ行ってましたが、ヘルプデスクも解説して何千ものチケットに対応している。
遅れているという評価は本当にクソだ。
私たちはここにいて、批判者に勝利する。私たちはリリースする。私たちはこういう遅延にかかる毎週の批判にとても疲れている。
あなたがはっきり見ることができるコミットがありビデオも作る。
あなたに朗報がある、ShelleyやGoguenが来たときに価値が50倍になりません、これが世界的な恐慌だ。
アメリカは無限にお金を刷りまくると言っている。
もしあなたが値上がりに執着するなら、クリプトを離れるべきだ。
私たちは分散社会の基盤を作るためにいる。
私たちはデイトレーダーを金持ちにするためにいるのではない。
数十億もの支払いと規制の自動化に役立つトランザクション、この革命に参加したいなら、ADAだ。
何度も何度も何度も批判を目にした。
クリプトは社会の失敗へのヘッジだ。
それらは原則と特性とストイックさとエンジニア。
何が新しいか?私たちは一回もやったことがない。
ビットコインがそうであるように、カルダノの多くのフォークが出てくるだろう。
私たちはテストして検証することができる。
私たちではなく、コミュニティがカルダノを動かす。
非常に血生臭い努力が背後にある。
毎日構築し解決している良き人々が背後にいることを理解すべきだ。
TCP/IPやBTCがそうであったようにコミュニティが主導してHydraの論文の解説などを行っている。
Cardanoは社会運動になってきている。
科学的手法の信念に基づく製品は、実際に世界を変えることができる。
一切これまでに過ちがなかったわけではありませんので批判者を尊重する。
冷静になって忍耐を持ってください。
気づいてください。
信念をもってください。FUDが頭を埋め尽くすのを許さないでください。
エビデンスを信じてください、エビデンスはいつも明確だ。
私たちはみんなに行ってきた。
悪い決断をしたら方向修正や改善をしている。
エビデンスを信じてついてきてください。

ということで、今回はビデオもセットで作ってみました…ぜひビデオもご視聴ください!

・ぜひ、今後もこのような記事を書いていこうかなと思っています、よろしければZZZ、KTN、JAPAN、JP、POPシリーズのどれかのステークプールへの委任より、CardanoZを応援してもらえますと嬉しいです!

・また、CardanoADA非公式オープンチャットコミュニティも、全体チャット上級チャット運営チャットにわかれ、より分散化が進みました、700名以上総計で参加されいます!テレグラムに近い、匿名で(LINE本アカウントを知られることなく)参加できるLINEのチャットです。とはいえ、まだできたでホヤホヤのコミュニティですので、いざこざもたくさん起きていますし今後も起きます。その度に都度ルール等を改善してまずは日本最強のクリプトコミュニティにして行きたいと思います😄

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です